業種選び

「自分のお店をもってみたい。」と独立自営の夢を持つ人は多いでしょう。しかし、簡単にお店を出せるものでもありません。そのときに、フランチャイズチェーン(FC)の加盟店はチャレンジしやすいでしょう。本部が確立しているビジネスモデルやブランドを使うことができるので、比較的低いリスクでお店を経営することができます。特に、大手のコンビニエンスストアであれば、本部がつぶれてしまうという確立は低いでしょうし、店舗の提供体制や、経営指導などもしっかりしています。外食産業やサービス産業でもフランチャイズチェーンの種類が多くなってきています。毎年、脱サラをして加盟店オーナーになるという事例も多く誕生しています。では、フランチャイズオーナーになるために必要なことについて考えます。まず、フランチャイズにはどんな業種があるのか、そして自分に適した業種は何かを見極める必要があります。現在フランチャイズチェーンは、1000社を超えているので、膨大な数の中から自分に合うものを見つけるのはとても大変ですが、根気よくじっくり探すことが大事です。業種を選ぶときは、「これまでの経験や知識を生かせるのか?」「流行で左右されない業種だろうか?」「10年後も事業として成立しているか?」「必要となる資金を十分用意できるか?」などを参考に見極めると良いでしょう。インターネットや雑誌などから、新しい情報を仕入れたり、フランチャイザーが開催しているセミナーに参加したり、加盟希望者同同士での意見交換などの場で情報収集するのも大切です。実際に、加盟店を見てまわるなど、フランチャイズ本部が集まるエキスポなどに足を運ぶのも良いでしょう。